ものづくり実践プロジェクト「IoT製品のプロトタイピング」

ものづくり実践プロジェクト」では,地域や企業と協力して製品開発や問題解決に挑戦するという実践的な活動を通して、工学者として社会に出たときに必要な力を養います。

2019年度は「IoT製品のプロトタイピング」をテーマとして、地域のエンジニアと一緒に ハッカソン(短い期間の中で製品やサービスの試作に取り組む競技)形式の活動に取り組みます。センサやマイコン制御の基本を学ぶ「ハンズオン講習会」などの機会 を設けているので、ものづくり初心者でもチャレンジすることができます。

対象と区分

対象 電気情報系学科3年生・化学バイオ系学科3年生・社会システム土木系学科3年生
区分 工学部専門科目(選択)
開講時期 2019年度(令和元年度)後期
水曜3・4限+連携イベント(集中)
※日程の詳細はガイダンス等で案内します

Q. 3つの学科に対して同時に授業を行うのですか?
A. はい、同じ時間帯に、同じ授業として実施します。グループを学科ごとにするのか混ぜるのかは受講生の人数のバランスを見て決めます。

ガイダンス

授業の内容について少しでも興味のある方は、まずはガイダンスに参加して下さい。ガイダンスで授業の内容や進め方について話を聞いた上で、受講するかしないかを決めて頂きます。

ガイダンスの日時

2019年10月9日(水) 3限(13:00~14:30)

ガイダンスの実施場所

ものづくり教育実践センター・デザインスタジオ
工学部応用数理棟の西側の1階建の建物のうち左側のドアを入ったところです。ドアには「ICEEデザインスタジオ」と表示されています。

キャンパス全体における位置関係が分からない場合は、こちらのマップも参照して下さい。

ガイダンスの内容

・ものづくり教育実践センターの紹介
・教職員の紹介
・授業の目的、内容、進め方など
・成績評価方法について
・連携イベントについて
・受講意思確認アンケートの案内

授業の形式

今回のものづくり実践プロジェクトは特別バージョンであり、「とっとりIoT推進ラボ」によるイベントなどと連携して進めていきます。その中では、地域の社会人や他学部/他大学の学生などとも協働する場面があります。普段の大学生活では体験することのできない貴重な機会となっているので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

授業は主に以下のようなパートから構成されます。

A.基礎講座
システム設計、プロジェクトマネジメント、IoTなどについてゲーム教材などを交えて基本的なことを学びます。

C.ハンズオン講習会&ハッカソンへの参加
総務省が主催するWeb×IoTメイカーズチャレンジというハッカソンイベントに参加して、地域のエンジニアや他学部の学生と協力して製品のプロトタイプをつくります。

D.プロトタイプモデルのブラッシュアップ
ハッカソンイベント終了後、ものづくり教育実践センターの技術と設備を活用してプロトタイプをブラッシュアップし、製品としての完成度を高めていきます。最後に出来上がったプロトタイプを用いて、協力企業に向けて製品提案プレゼンテーションを行います。よい製品を提案することができれば、それが本当に生産・販売される可能性もあります。

スケジュール(仮)

10月9日(水) ガイダンス
10月30日3・4限 基礎講座①
11月9日~10日 Web×IoTメイカーズチャレンジ・ハンズオン講習会
11月27日3・4限 基礎講座②
12月7日~8日 Web×IoTメイカーズチャレンジ・ハッカソン
12月~1月の水曜3・4限
※毎回ではありません
プロトタイプモデルのブラッシュアップ
(プロジェクト活動)
2月初め
※詳細調整中
成果報告プレゼンテーション

Q. 土日に行われるハンズオン講習会とハッカソンは全て出席しないといけませんか?
A. はい、プロジェクトの性質上、基本的には2つのイベント(計4日間)の全てに参加しないと履修が難しいです。ただし、一部分については抜けても大丈夫なところがあるので、もしどうしても都合が合わない日程があれば、その都度相談して下さい。

履修登録

この授業を受講するためには、まずはガイダンスに参加して下さい。ガイダンスに参加した上で、以下の2つの登録作業をすることで、受講登録が完了します。受講する場合はどちらも忘れないようにしてください。

  1. ガイダンス時に案内する受講意思確認アンケート(Webフォーム)に「受講する」と回答する
  2. 通常の履修登録手続きに沿って「ものづくり実践プロジェクト」を受講するように登録する

Links

授業に関する問い合わせ

こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

昨年度までの様子

過去の「ものづくり実践プロジェクト(電気情報系)」の授業の様子です。ハッカソン(Web×IoTメイカーズチャレンジ)の写真も含みます。ハッカソンについては、開催報告もあわせてご覧ください。また、ものづくり実践プロジェクトについてのページ下部にも、授業の様子を掲載しています。
※過去と今年度では授業の構成が多少異なります。